UACJの強み

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

世界トップクラスのアルミニウム総合メーカー

圧延品世界トップクラス
アルミニウムメジャーグループ

アルミニウム板生産能力ランキング (千トン/年)

アルミニウム板生産能力ランキングのグラフ

UACJは、古河スカイと住友軽金属工業の経営統合によって、2013年10月に誕生しました。いずれも国内屈指の歴史と実績をもつアルミニウムメーカー2社が統合したことで、アルミニウム圧延品(板製品)の生産能力は年間100万トンを超え、国内はもちろん、世界でもトップクラスの規模となります。
UACJは、こうしたスケールメリットを背景に、グローバル市場で戦えるだけのコスト競争力を発揮することで、「日本発のグローバルアルミニウムメジャーグループ」として、世界のアルミニウム市場を牽引します。

国内随一の“アルミニウム総合メーカー”として、
幅広い産業分野のニーズに応えています。

アルミニウムは板製品や押出品、箔、鋳物、鍛造品、さらにはそれらの加工品やカラー塗装品など、用途に応じてさまざまなカタチに加工して供給されます。こうした加工を行うには、それぞれ独自の設備と技術・ノウハウが必要とされますが、UACJは多彩な設備と豊富な経験を活かし、これらすべての加工に対応可能です。
国内で随一、そして世界でも数少ない“アルミニウム総合メーカー”として、身近な飲料缶から自動車用部材、エレクトロ機器や医療用品、さらにはロケット・航空機の部材まで、幅広い産業分野のニーズにお応えしています。

Column

自動車で求められる技術

車体の軽量化により燃費効率を高め、
CO2削減に貢献します。

近年の自動車業界では、環境意識の高まりや原油価格の高騰を背景に、燃費向上のための軽量化が最重要課題となっており、鉄や銅に比べて軽量なアルミニウムの使用量が急増しています。UACJは、自動車ボディに最適な高温成形用アルミニウム合金を開発したほか、国内トップシェアを誇る熱交換器材、世界でも数社しか生産できないコンプレッサホイールなど、付加価値の高いアルミニウム製部材を提供しています。

ホンダレジェンドに使用されている「高温成型用アルミニウム合金」の写真
ホンダレジェンドに使用されている「高温成型用アルミニウム合金」

パソコン・スマートフォンで求められる性能

小型・薄型化や軽量化の要求に
応えていきます。

近年、パソコンやスマートフォンなどの情報機器は、小型・薄型化や軽量化に加え、多機能・高機能化、低消費電力化などさまざまな進化を遂げています。アルミニウムは小型・大容量で品質安定性やコストパフォーマンスにも優れたアルミニウム電解コンデンサ(蓄電器)をはじめ、情報機器の進化を支える電子部品に使用されています。また、軽量で丈夫、放熱性、加工性、高級感があるといった理由から、情報機器のボディや構造材にも広く採用されています。

医薬品で求められる性能

無害・無臭で衛生的な素材です。

純度が高いアルミニウムを極薄に引き延ばした箔地は、無害・無臭で衛生性にも優れていることから、錠剤用のPTP(press through pack)包装など、医薬品の包装材料として数多く使用されています。このためUACJでは、医薬品の製造および品質管理に関する国際的な規範であるGMPの考え方に基づき、厳密な体制のもとで製造管理と品質管理を行っています。