鋳造

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする

アルミニウム展伸材の製造工場では溶解・鋳造がその最初の工程となります。この製造工程は以下のような重要な要素を持っています。

品質 成分配合および鋳塊の健全性と良好な鋳造組織
生産性 熱間加工が要求する、寸法、形状及び規模能率
経済性 原料品位、価格、歩止、人員
安定性 安全性、公害対策および省エネルギー

鋳造の写真

溶解

溶解炉で原料を急速に溶解します。この時、溶湯損失が最小限となるよう、また厳しい成分規制も行っています。 溶解炉は最大の熱効率を実現するよう多くの工夫を施しています。

溶湯処理

アルミニウム溶湯中のH2ガス、有害微量元素の除去と非金属介在物の分離など、鋳塊品質向上のためインラインで連続溶湯処理を行います。 UACJのインラインフラクシングシステムは、アルコアA622、A528プ口セスを基本とし必要に応じてセラミックフィルタを組み合せたもので、キャン材、薄箔用材はもとより航空機材、メモリーディスク等に対応できる最高水準の方式を採用しています。

溶湯処理の図

連続鋳造

1944年にわが国初の連続鋳造の技術を実用化して以来、長年にわたり鋳造技術をリードしてきました。
現在は、大型インゴット鋳造や40本以上のビレットの同時鋳造などへと発展しています。

連続鋳造の図

スカルパー

インゴットから良い表面品質の製品を創出するための、面削設備をスカルパーと呼びます。
スカルパーにより、大型インゴットの表面が高速で削られていきます。