技術開発研究所

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする

革新的な次世代製品・技術の開発に向けて、研究開発力を結集しています。

UACJの製品は、圧延材、押出材、鋳物品、鍛造品、およびそれらを素材としたアルミニウム加工品と実に幅広く、その用途分野も、アルミニウムホイルなどの日用品から、H-IIロケットのタンク材に代表される宇宙産業に貢献するものまで、多岐にわたっています。

こうした多様な用途に関する製品開発や利用技術開発から、材料設計・生産プロセスに関する材料基盤技術開発まで、UACJの研究開発を一手に担っているのが技術開発研究所です。技術開発研究所では、お客さまのニ-ズに迅速にお応えするとともに、時代を一歩先取りした革新的な製品と技術開発を推進しています。
解析・分析センターとしての機能も兼ね備えており、最新鋭の透過電子顕微鏡をはじめとする組織解析や成形試験などの評価装置を取り揃えています。
さらに、伝統的なアルミニウムや銅の合金開発とともに、材料組織制御技術の研究開発および素材研究開発へのCAE(Computer Aided Engineering)の利用拡大を推進し、次世代の材料開発にも挑戦しています。

深谷センターの研究棟の外壁には、UACJが開発した防汚性アルミニウム塗装材「UACJコート™クリーン」を全面に採用しています。また、段差をなくし、エレベータを設置するなど、ハートビル法の思想を盛り込んだ構造としています。手軽に集まれるオープンスペースや、外部あるいは内部講師による勉強会が開催できる大会議室を設置するなど、異なるテーマを担当する研究者同士の相談・議論を活性化すべく、開放的空間を強く意識した配置としています。

技術開発研究所の写真

技術開発研究所

〒455-8670
名古屋市港区千年3-1-12
TEL:(052)651-2100
FAX:(052)651-8117

地図(企業情報へ)

深谷センターの写真

深谷センター

主な研究テーマ

  • 素材開発技術
  • プロセス設計技術
  • 応用・加工技術
  • 製造技術
  • 評価技術

詳しくは『UACJの開発技術』へ

研究成果

UACJの研究成果は、技術・研究論文誌でご紹介しています。

詳しくは『技術・研究論文誌』へ

Column 1
ニーズを先取りした提案型研究による高剛性パネル材の開発

技術開発研究所では、独創的な技術の創造を進めています。たとえば、軽量高剛性パネル「スマートシート®」は、アルミ板に特殊な凹凸模様を付与して、板材の曲げ剛性や曲げ強度を大幅に向上させたものです。従来技術と比較するとワンオーダー上の剛性向上が実現でき、アルミ板材の薄肉軽量化に大きく貢献する技術です。材料力学や塑性力学の基礎知識、CAE技術およびプレス成形加工技術を集約することで実現しました。こうした技術をお客様に提案することにより、ニーズの先取りを図るとともに、独創的な技術・製品の提供を通じて、広く社会に貢献していくことを目指しています。

Column 2
異なる技術の深化・融合による自動車熱交換器用材料の開発

技術開発研究所では、異なる技術を研究する研究者が一堂に会して議論を深めることで、製品横断的な基盤技術をさらに深化させ、独創的・革新的な次世代製品・技術開発を行っています。たとえば、自動車用熱交換器に使われる材料では、高強度材料の設計技術、難ろう付材料の接合技術、さまざまな環境での防食設計技術を融合させて、多層構造の新規な材料をいくつも開発・量産化しました。現在量産されているろう付用材料の中で、世界最高強度を有する材料、接合機能と防食機能をひとつの層で併せ持たせた高機能材、排気ガスにふれる過酷な環境でも十分な耐食性を有する高耐食性材料などです。これらの成果が評価され、お客さまである自動車部品メーカーから「総合賞」「技術開発賞」を受賞しました。