UACJの強み

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

多様なニーズに応える設備と技術

世界トップクラス
設備・生産技術で、
高品質な製品を
創造しています。

アルミニウムの用途の広がりとともに、お客様のニーズは多様化・高度化しており、なかには「UACJでなければ作れない」というアルミニウム製品も少なくありません。
たとえば、LNGタンカーなどの外装材に使用されるアルミニウム厚板は、畳何十畳にも及ぶ巨大なもの。これを供給するには、大規模な生産設備とともに、ハイレベルで均一な品質を実現する技術力が不可欠です。UACJは、この両方を併せ持つ、国内で唯一、そして世界でも数少ない存在です。
また、航空機分野では、安全性に万全を期すため、厳しい要求品質を満たした素材メーカー以外は製造・納入できません。UACJは航空機業界の定める国際的な認定を取得し、世界の航空機メーカーに高品質なアルミニウム部材を供給しています。

LNG船向けアルミニウム厚板を供給、航空機向けのアルミニウム厚板を供給

Column

主要製造拠点1 名古屋製造所

アルミニウム板材の国内需要の4分の1を担う
日本最大級の製造拠点として

名古屋製造所は、現在、日本で使用されるアルミニウム板材の約4分の1を担う国内最大級の製造拠点です。世界最高水準の板厚制御技術を有する冷間圧延ラインや、世界に類を見ない塗装一貫ラインなど、高度な生産設備を駆使して高品質な製品を供給しています。
また、押出製品の生産ラインも併設しており、寸法精度を高める高速ベンチ式抽伸機や、航空機用材料の厳しい規格を満たした竪型焼入れ炉など、お客様の高度な要求に対応できる設備と技術を有しています。

世界最高水準の板厚制御設備と世界品質の塗装一貫ラインの写真
世界最高水準の板厚制御設備(上)
世界品質の塗装一貫ライン(下)

主要製造拠点2 福井製造所

世界有数の大型設備を有するとともに、
航空機材の世界的規格取得

福井製造所では、全長400メートル、幅4.3メートルに及ぶ世界最大級の大型熱間圧延ラインをはじめ、国内最大級の鋳造設備など、大規模な生産設備を豊富に備えています。
また、航空機材の世界的品質規格であるAS9100の認証を、国内で初めて取得。さらに、より高度な技術が求められる特殊工程について、世界的な航空機メーカーによる認証システムNadcapの認定を、アルミニウムメーカーとして国内で唯一取得しています。

※ 2012年度末現在

大型トップチャージ溶鉱炉と世界最大級の熱間圧延ラインの写真
大型トップチャージ溶鉱炉(上)
世界最大級の熱間圧延ライン(下)

さらに世界の先端ニーズに対応するために、
次世代の製品や技術の研究開発を推進しています。

UACJは、アルミニウムという素材がもつ未知の可能性に挑むとともに、お客様の多様なニ-ズにお応えするため、材料設計・生産プロセスに関する基盤技術の開発から製品および利用技術の開発まで、トータルな研究開発を進めています。また、世界最先端の研究機関とも積極的に連携し、新たなイノベーションの創出をめざしています。
研究開発の「要」となる技術開発研究所は、国内各地のお客様のニーズに迅速かつ的確にお応えしています。

技術開発研究所の写真
技術開発研究所