UACJの鋳造技術

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする

UACJの高度な鋳造技術は、耐久性に加えて高い寸法精度を要求されるターボチャージャーのコンプレッサーホイール(インペラー)などの鋳物を生み出しており、世界的にも高い評価を得ています。UACJの鋳造技術を貴社の製品開発や品質向上、コストダウンなどにぜひお役立てください。

製造方法

弾性模型を使用した、一体石膏鋳型による精密低圧鋳造法であるPPC(Precision Pressure Casting )法を採用しています。

特長

薄肉・高精度・平滑・高強度なアルミニウム鋳物を実現します。少ロット生産から大量生産まで柔軟に対応します。

薄肉な形にも対応

  • アンダーカットのある形状、三次元曲面のある形状でも、一体鋳型の造型、鋳物の作成が可能です。
  • 最小肉厚1.5mm程度です。回転翼先端など、局部的には0.35mmまで製造可能です。
  • 肉厚の部分的な変動にも対応できます。
  • 中子、インサートの鋳ぐるみなどが必要な形状には対応しておりません。

高い寸法精度

一体石膏鋳型により、高精度のニアネットシェイプの鋳物製造が可能です。
おおむねCT6程度ですが、個別対応も可能ですので、お問い合わせください。

平滑な表面

石膏鋳型特有の平滑な鋳肌により、18S以内(局部的には12S以内)の表面粗度が得られます。

高い健全性・高強度

  • 低圧鋳造法とチルプレートの適切な組み合わせにより、健全な鋳物を製造できます。
  • 熱処理(T4、T5、T6、T7など)の施工が可能で、強度の制御ができます。

製造可能範囲

  • 寸法:100×100×150mm程度(応ご相談)
  • ご発注数量:10個/ロット程度から、10万個/月を超えるご発注まで対応可能
  • 合金:Al-Si系(AC4C(356)、AC4CH(A356)、AC4D(C355) 354など)、Al-Cu系

他製法との比較

  PPC法 砂型 金型 ダイカスト ロストワックス 冷間鍛造
寸法公差(型割面を含まず) CT6 CT8 CT7 CT5 CT6相当 IT7-11
表面粗さ 18S以内 40-100S 10-80S 12S以内 6-20S 10S以内
肉厚 0.35t以上 3t以上 4t以上 1-7t 1t以上 0.2t以上

参照:公益財団法人 日本鋳造工学会関東支部ホームページ、一般社団法人 日本ダイカスト協会ホームページ、日刊工業新聞ホームページ、UACJ社内資料

適用例

自動車・建設機械・船舶などのターボチャージャー・スーパーチャージャーの圧縮用ホイール(Compressor Wheels,CW)に、世界で年間1,000万個以上採用されています。
肉厚0.35mm程度の回転翼が音速を超える周速で使用されています。
高速回転体に適用例の多い製法です。

「鋳物コンプレッサホイール」へ(製品情報)

その他

弾性模型製作のための金型が必要ですが、金型自体は溶融金属や砂などの侵食・磨耗材料に触れることがないので、比較的低コストで命数はありません。