チャート チャート

個人投資家の皆様へ

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

UACJ早わかりどんなところで活躍しているの?

飲料缶からロケットまで。
身近な暮らしや産業・社会を
支える
アルミニウムを提供しています。

アルミニウムは、軽くて丈夫、熱や電気を伝えやすい、加工しやすくてリサイクルも容易…などなど、さまざまなメリットを持つ金属です。これら優れた素材特性が評価され、私たちの身の回りから、最先端の産業分野まで、社会のあらゆるところで活躍しています。
たとえば、皆さんが日常的に手にしている飲料缶には、軽い、冷やしやすいというメリットに加え、リサイクルが容易なことから、世界中でアルミニウムが使用されています。
また、自動車産業でも、軽量化のカギを握る素材として脚光を浴びており、トランスミッションやホイールなどの機構部品から、ボディ、フレームまで、幅広く採用されています。
これだけ幅広い分野で利用されていることから、近年では、経済成長が著しい新興国をはじめ、世界中でアルミニウムの需要が拡大しています。

アルミニウム新地金生産量推移 (百万トン)

アルミニウム新地金生産量推移のグラフ

※一般社団法人日本アルミニウム協会のデータを基に作成

アルミニウムが活躍するさまざまなシーン

建築物に 食品・医薬品に 飲料缶に スマホ・タブレットに 新幹線に LNG船に ロケットに 航空機に 自動車に

自動車に

軽量化が求められる車体や
いろんな部品で

航空機に

軽さと耐久性が
不可欠な機体で

ロケットに

心臓部となるエンジンタンクで

LNG船に

輸送が難しいLNGタンクで

新幹線に

美しさが求められる
車体や内装材で

スマホ・タブレットに

耐久性が求められる
筺体(カバー)で

飲料缶に

リサイクルが重視される
飲料容器として

食品・医薬品に

無害・無臭の必要がある
包装材で

建築物に

耐食性が求められる
東京スカイツリー®などの壁面で