高力系アルミニウム合金鍛造軸箱体

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする

高速鉄道車両の足回り(台車軸受け)に

高力系アルミニウム合金鍛造軸箱体の写真

近年の鉄道車両の高速化に伴い車輪の軸受け部分(軸箱体)には、アルミニウム合金の中で最強の強度に位置する7050温高圧で鍛造した製品が採用されています。バネ下過重の軽量化、車体の安定性向上、低燃費化に貢献し、高速走行の車軸を支える重要部材です。

特長

  • 型打鍛造、自由鍛造どちらでも、ご要求に応じて製造ができます。型打の場合は金型で所定の形状に加工できるので機械加工を最小限に抑えられます。
  • 厚肉熱処理可能な高強度材である7050-T74の材料を使用しています。
  • 比重が2.8なので鉄系製品と比較すると重量は1/3に軽量化します。

製品用途

  • 高速鉄道車両における台車の軸箱体

軸箱体の採用位置

  • 仕様箇所:台車の軸箱体
  • 製造方法:型打鍛造
  • 特長:台車の軽量化

軸箱体の採用位置の図

製品特性

代表的アルミニウム合金の引張強度

代表的アルミニウム合金の引張強度のグラフ