電池

Liイオン電池封口材用アルミニウム合金

  • ツイートする
  • facebookでシェアする

Liイオン電池の防爆弁に

薄肉成形が必要となるLiイオン電池の防爆弁向けに、新たな発想で設計されたアルミ合金を提供しています。高い成形性を有し、プレス加工で防爆弁部を一体成形できることから、箔の溶接の負荷を低減できます。また、レーザー加工も容易です。

特長

  • 強度、成形性、溶接性を高次元で実現しました。
  • 高強度でありながら、防爆弁部の加工が容易な新設計のアルミ合金です。
  • レーザー溶接欠陥発生数を大幅に低減できる3003もラインアップしています。

特性比較

防爆弁部の一体成形が容易

新開発
標準

レーザー溶接時の溶込み深さ

溶接性が160%向上

FS115
FS115
1050
1050

化学成分と製造工程を最適化したアルミ合金

合金 質別 機械的性質 材料特性 特長
引張強さ
(N/mm2
耐力
(N/mm2
伸び
(%)
元板
強度
防爆弁
成形性
レーザー
溶接性
FS115 O 125 70 40 Al-Fe系の高強度材料
レーザー溶接性にすぐれる
防爆弁加工が容易
H14 165 150 14
H16 185 155 6
3003M O 134 65 32 Al-Mn系のレーザー欠陥数低減材
3003 O 119 52 37 Al-Mn系の標準材
H14 170 160 6
1050 O 83 38 46 × 純アルミ系の標準材