飲料容器用アルミニウム合金板

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする

飲料容器/食品容器に

飲料容器用アルミニウム合金板の写真

アルミニウム缶は、その軽量性、密封性、熱伝導性、高リサイクル性などの特徴から、広く食品容器として使用されています。環境問題や機能性、意匠性を重視した新しい容器への志向が高まるなか、当社はお客様とともに新素材の開発を進め、アルミニウム缶のさらなる進歩に貢献しています。

特長

  • 缶胴材は縮径化に対応、缶蓋材は高耐圧化(フルフォーム化)に対応しています。
  • 合金組成、製造条件の制御により、缶成形時の形状安定、成形性改善(しわ、破胴、ネッキングなど)、歩留改善(耳率抑制)、缶耐圧強度改善を実現しています。
  • 缶蓋材はCPCLで、均一な塗装を行うことにより高い耐食性を維持しています。

製品特性および工程設計

缶胴材の要求特性と工程設計

缶胴材の要求特性と工程設計の図

1 しわ、破胴抑制

強度・加工硬化性の制御

  • 合金組成
  • 均質化条件
  • 冷間圧延:圧下量・巻上げ温度

2 耳抑制

集合組織制御

  • 均質化条件
  • 熱間圧延:圧下量・温度
  • 冷間圧延:圧下量

3 焼付け後高強度

固溶量・析出物制御

  • 均質化条件
  • 熱間圧延:温度
  • 冷間圧延:巻上げ温度

4 ネッキング性、フランジング性

強度・加工硬化性の制御

  • 均質化条件
  • 冷間圧延:圧下量・巻上げ温度

製造工程

缶材の製造工程

缶材の製造工程の図

缶胴材はSA(Self Anneal)工程採用