プレスリリース 2013年(旧 古河スカイ)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

第17回機械要素技術展に出展

2013年6月17日

当社は、6月19日から21日まで、東京ビッグサイトで開催される第17回機械要素技術展に初出展します。

機械要素技術展は、軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を集めた日本最大の専門技術展です。主に製造業の設計、開発、研究、生産技術、製造部門の方を対象とし、昨年の第16回機械要素技術展には1,824社が出展、同時開催の展示会も含め75,015名が来場しました。本年も約2,000社が出展し、約77,000名の来場が予想されています。

当社の展示ブースでは、高品質厚板「ファスプレート」、幅2,000mmの厚板を使用した大型リングなどの厚板製品、そして高機能性アルミ塗装材「ファスコート」をご紹介します。また、「ファスプレート」を使用したオールアルミ製の板厚測定機は、板厚の変化を数値とプロフィールで表示し、一般厚板と当社の高品質厚板の違いを一目でご覧いただけます。さらに、今年10日1日に誕生する統合新会社UACJのご紹介、高品質厚板「ファスプレート」のプレゼンテーション、厚板の製造・加工工程を紹介するプロモーションビデオ、そしてアルミニウムを楽しく体験していただけるデジタルサイネージといった様々なコンテンツもご用意しております。

写真:展示ブースのイメージ

展示ブースのイメージ