プレスリリース 2013年(旧 古河スカイ)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

ALUMINIUM CHINA 2013に出展

2013年6月25日

当社は、7月2日から4日まで、中国上海市の上海国際博覧センターで行われるALUMINIUM CHINA 2013に出展します。当社がALUMINIUM CHINAに出展するのは、今回が7回目です。

ALUMINIUM CHINAはアジア最大規模のアルミニウム産業展で、今年が9回目の開催となります。2007年に日本のアルミニウム圧延メーカーとして当社が初めて出展し、昨年は420社が出展、日本からは4社が参加し、入場者数は12,047名でした。今年も世界約30か国から約450社、日本からも6社が参加し、入場者数15,000人以上を予定しています。

当社の展示ブースでは、高品質厚板「ファスプレート」、液晶・半導体製造装置用部材、自動車用ボディシート材、熱交換器部材そして高機能性アルミ塗装材「ファスコート」などをご紹介します。また、「ファスプレート」を使用したオールアルミ製の板厚測定機は、板厚の変化を数値とプロフィールで表示し、一般厚板と当社の高品質厚板の違いを一目でご覧いただけます。その他にも、高品質厚板「ファスプレート」のプレゼンテーション、厚板の製造・加工工程を紹介するプロモーションビデオ、そしてアルミニウムを楽しく体験していただけるデジタルサイネージといった様々なコンテンツもご用意しております。

さらに、今年10日1日に誕生する統合新会社UACJのご紹介や、2011年に中国江蘇省無錫市に設立した古河斯凱(無錫)鋁材加工有限公司を含む中国の各関連会社、そして来年1月から第1期操業開始を予定しているタイのアルミニウム板圧延工場など、グローバルに展開する当社の製造・販売拠点も紹介し、海外市場でのプレゼンス向上を進めていきます。

写真:展示ブースのイメージ

展示ブースのイメージ