新型コロナウイルス感染症へのUACJグループの取り組みについて

  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

更新日 2020年7月1日
2020年6月8日

新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を心より祈念するとともに、医療従事者の皆様をはじめ最前線でご対応いただいている方々に感謝申し上げます。
当社グループの現時点での対応について、以下の通りご報告しますとともに、今後予想される状況に合わせて随時取り組みを検討・実施していきます。

社員の感染防止策

1. 健康管理(2020年6月8日現在)

感染リスク低減のために主に以下のような基本的な対応を行っています。

  • 頻繁な手洗い、うがいの実施
  • 睡眠不足を避け、栄養を摂取
  • アルコール消毒液の使用
  • 外出時のマスク着用
  • 咳エチケットの実施
  • 時差出勤の奨励
  • 公式会議での2班制

など

2. 勤務(2020年7月1日更新)

UACJ本社・支社・支店、R&Dセンターおよび製造所の間接部門に勤務する社員で、会社(所属上長及び兼務者については兼務先の上長)が在宅勤務を命じた者については、9月末まで、出社率の半減を目途としてテレワークを推進。

3. 出張(2020年7月1日更新)

【国内】
政府・自治体の要請、感染状況、訪問先の事情等に鑑み、実施の可否を部門責任者が判断する。

【海外】
出張先国の状況、日本帰国後に求められる対応を踏まえ個別に責任者(本部長)が判断する。

社会貢献活動

1. 知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言(2020年5月28日)

当社は、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」の趣旨に賛同し、5月28日に宣言書を提出、本宣言に参画しました。本宣言は、世界保健機関が新型コロナウイルス感染症まん延の終息宣言を行う日まで、同感染症のまん延終結のための行為に対して、知的財産権による権利行使を行わないことを宣言するものです。
本宣言により、企業や大学、研究機関などは対象となる当社の特許権、実用新案権、意匠権、著作権を利用し、同感染症の早期終結のための開発・製造・販売などを行うことができます。

2. 医療物資などの支援

当社グループは、新型コロナウイルス感染症に対応する医療現場を支援するため、以下の医療物資を寄贈しました。

  • 栃木県小山市へマスク15万枚を寄付(2020年6月3日)
  • 福井県坂井市へマスク8万枚を寄付(2020年6月3日)
  • 福井県へマスク16万枚を寄付(2020年5月28日)
  • 厚生労働省へN95マスク800枚を寄付(2020年5月8日)