お客様との関わり

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

UACJグループは、お客様の満足と信頼を得るため、品質・技術開発力・現場力の向上に努めています。

品質基本方針

  1. 技術開発、品質向上、現場力向上を推進し、お客様の満足と信頼を得る製品及びサービスを提供します。
  2. 適用される要求事項を満たします。
  3. 品質マネジメントシステムの継続的な改善を行います。
  4. 品質目標の設定、結果の見直しを行い、必要に応じた経営資源を配備します。
  5. グループ員は品質方針を理解して行動するとともに、全員参加の品質向上活動を行います。

品質管理体制

UACJグループでは、グループ全社を統括する品質管理推進の最高機関として品質担当役員を委員長とする品質委員会を設置し、品質状況、品質に関する重大事故、そのほか重要品質案件の報告と審議を行っています。
また、グループを板・押出・箔・鋳鍛・銅管・加工品のセグメントに分け、セグメントごとに品質管理組織を設置し、品質管理部と各組織の責任者が連携をとりながら品質管理活動を推進する体制を整えています。

品質改善活動

UACJグループでは、グループ統一の年度品質管理方針を定めています。2017年度は、「品質のレベルアップを図り、世界的な競争力を持つメジャーグループを実現させよう」をスローガンに品質目標および取り組むべき重要課題を明確にし、品質向上のための施策を展開しました。

2017年度品質目標

  1. 重大品質不具合(品質異常)ゼロ
  2. クレーム・苦情件数は前年度実績の10%以上改善

重要課題

  • 真因追究による再発防止およびヒューマンエラーの防止
  • 顧客ニーズおよび期待の把握と迅速対応による顧客満足度の向上
  • 適切な教育・訓練や経験に基づいた必要な力量の確保と認識の確実化
  • 製品移管におけるDR(デザインレビュー)、変更管理、初期流動管理の確実実施

これらの重要課題に注力した結果、当社グループ全体でクレーム・苦情件数を7%減少させることができました。
なお、現在当社グループ内において、重大品質不具合により販売禁止もしくは係争の対象となっている製品はありません。
これらの活動実績などを踏まえ、2018年度は、「世界的な競争力実現のために品質基盤をさらに強化しよう」をスローガンに、2017年度の品質目標を継続することとし、将来ビジョンも反映させた重要課題を設定して、さらなる品質改善を展開しています。

2018年度品質目標

  1. 重大品質不具合(品質異常)ゼロ
  2. クレーム・苦情件数は前年度実績の10%以上改善

重要課題

  • 真因の追究による再発防止およびヒューマンエラーの防止
  • 顧客ニーズおよび期待の把握と迅速対応による顧客満足度の向上
  • 適切な教育・訓練または経験に基づいた、必要な力量の確保と認識の確実化
  • DR(デザインレビュー)、変更管理、初期流動管理の確実実施
  • 品質管理体制の強化

国際認証に基づく品質管理

UACJグループでは、UACJおよび当社グループ各社で取得している品質マネジメントシステムの国際認証にしたがい、品質管理を実践しています。まだ認証を取得していない一部のグループ会社については、品質管理部が国際認証の要求事項にしたがった管理ができるよう支援しています。

顧客満足度向上への取り組み

UACJグループは、経営理念と品質基本方針において「お客様の満足と信頼を得る製品とサービスの提供に努める」ことを掲げています。
お客様とのコミュニケーションを重視し定期的に「顧客満足度調査」を実施しています。また、お客様との交流会を開催し、直接ご意見やご要望をいただいています。これらの活動を通してお客様からいただいた情報を精査・分析し、改善活動に反映させるとともに新製品の開発などにも積極的に取り組んでいます。

クレームに対する取り組み

お客様からのクレームに対する取り組みについては2017年度は「重大品質不具合(品質異常)ゼロ」、「クレーム・苦情件数を2016年度実績の10%以上改善」の品質目標に基づき取り組みました。2018年度についても2017年度目標を継続し取り組んでいきます。
重大品質不具合(重大クレーム)については、グループ全体で統一の判断基準を設けるとともにグループ内で情報を共有し類似事故の発生防止に努めています。

「お問い合わせコーナー」での応対

アルミニウム材料の注文、使用に関する技術的な相談、資料請求等お客様からのお問い合わせに対しては、UACJグループのウェブサイト上に「お問い合わせコーナー」を設けて迅速かつ的確に対応しています。
お問い合わせ件数はここ数年は年間200件前後で推移しており、うち2~3割は海外からとなっています。今後もお客様との交流をいっそう深めて新たな製品開発などにつなげていきます。

お客様からの主な受賞実績

賞名 対象 受賞理由
日本発条株式会社
「特別貢献賞」
(2017年6月)
UACJ アルミニウム板材において、納入クレーム件数・納期遅延数0を達成。表面処理技術やアルミニウム合金特製の技術深耕に図り、また積極的な合理化提案と生産活動に多大な貢献をしたことを評価。
トヨタ自動車株式会社
新型レクサスLSプロジェクト表彰「技術の部」
(2017年10月)
UACJ 新型レクサスLSの商品力向上に多大な貢献をしたことを評価。

その他外部団体からの受賞実績

賞名 賞の概要 受賞者
日本アルミニウム協会
協会賞(開発賞)
(2017年5月)
アルミニウム産業における技術の進歩、製品の開発、需要の拡大に貢献のあった製品およびアルミニウムの需要促進、新市場開拓が期待できる開発製品で、実績があるものに贈られる賞 視認できないコードを印刷した包装材料『Ai-PACⅡ』の開発に対して
技術開発研究所(現R&Dセンター) 西尾 宏、北田 有希絵、
UACJ製箔 田中 徹、小池 明宏
日本アルミニウム協会
協会賞(技術賞)
(2017年5月)
アルミニウム産業における技術の進歩、製品の開発、需要の拡大に貢献のあったアルミニウム材料および製品の製造・加工技術で特に優れた技術もしくは環境対策・対応など社会的に貢献度の大きい技術に贈られる賞 摩擦攪拌接合によるアルミテーラードブランクを用いた自動車用ボデー部品に対して
技術開発研究所(現R&Dセンター) 岡田 俊哉、松原 和男、福田 敏彦
軽金属学会
高橋記念賞
(2017年11月)
軽金属鋳物、ダイカスト、展伸材、二次合金および再生地金等の溶解・鋳造に関連する工業技術の進歩発展に功労のあった技能者に贈られる賞 名古屋製造所 藤枝 薫
日本銅学会
第51回論文賞
(2017年11月)
伸銅品に関する科学技術の進歩向上を図り、伸銅工業の健全な発展に寄与すると認められる論文に贈られる賞 多量のリンを添加した銅合金の蟻の巣状腐食抑制メカニズム
技術開発研究所(現R&Dセンター) 京 良彦、大谷 良行、金森 康二、河野 浩三、熊谷 正樹

新製品・技術に関する情報発信

技術・研究論文誌の発行

「UACJ Technical Reports」Vol.4 No.1を2018年2月に発行しました。
「UACJ Technical Reports」には基礎研究、応用研究の成果である論文や技術展望・技術解説、製品紹介やトピックスを掲載しています。
今後もUACJグループの研究成果や新製品・新技術を紹介するツールとして「UACJ Technical Reports」を発行し、当社グループの最新技術情報を提供していきます。

「UACJ Technical Reports」