材料置換

アルミニウム高強度板によるステンレス薄板代替

  • ツイートする
  • facebookでシェアする

モバイル機器のフレームなどに

スマートフォンやノートPCなどのモバイル機器向けに、高強度・軽量のアルミ合金板を提供しています。これらの機器で多用されるステンレス薄板の代替素材として、同等の強度を実現しており、完全非磁性であるなどアルミならではの強みも有しています。

アルミ高強度板による代替のメリット

  • 強度の高いGM55-H38は、0.3mmt ステンレス部品の代換えに最適です。
  • 携帯フレーム、液晶部品に多くの実績があります。
  • アルミニウムは非磁性です。 GPSに影響を与えません。

アルミ高強度板による代替の検討課題

  • ABS樹脂との接着接合技術として行うアルミへのレーザー溶接は、SUS304と比較して難しい。
    このため、ボス、リブなど板厚増加が必要な複雑形状を、樹脂を接着したり、
    「ナノ・ モールディング・テクノロジー(NMT)」で補うことによりアルミの活用が広がっています。

諸材料の特性比較

素材 比重 強度
(N/㎜2)
比強度
(強度/比重)
アルミニウム
(1050-H24)
2.7 125 46
アルミニウム
(5052-H34)
2.7 240 89
アルミニウム
(GM55-H38)
2.7 400 148
マグネシウム
(AZ91 Die-cast)
1.80 230 127
8.90 343 39
7.85 412 52
ステンレス
SUS304H
7.90 834 106
チタン 4.5 392 87
素材 強度/重量 成形性 加飾性 生産性 価格
アルミニウム
(アルマイト)
マグネシウム
× × ×
ステンレス
△~○
(ヘアライン)
チタン × × ×

UACJの電子製品用アルミ合金

  材質 調質 引張強さ
(N/mm2)
耐力
(N/mm2)
伸び
(%)
曲げ
0.5mmt
特徴
  GM55 H18 430 370 8 1 5000系最強
H38でも軽絞り可
アルマイト性良好
H38 400 310 12 0
高強度 H34 350 250 15 0
  O 290 130 33 0
GC150 H38 390 310 10 1 高強度・内部構造向き
アルマイト時黄黒味強
O材は超深絞り可能
H32は軽量ドライブ用
H34 350 250 15 0
H32 330 240 18 0
O 290 135 32 0
GM345
(5182)
H38 380 310 8 1 薄板高強度標準H36
アルマイト性良好
旧GM145曲げ性改善
H36 360 270 10 0.5
H34 335 250 13 0
O 265 125 28 0
6061 T6 310 250 18 0.5 Motorola携帯・焼入材
GF24
552S
(5052強度)
H36 275 235 8 1 552Sは5052規格のアルマイト最適材
552Sアルマイト後の筋目,黄み少。
GF24は5052強度同等でCr抜き
5052成分規格外。黄味ない。
  H34 240 190 12 0.5
  H32 210 180 13 0
0 190 90 25 0
B152S
(5252)

H34 210 190 10 0.5 光沢HB・強度5052同等
アルマイト・化研性良好
  H32 210 180 12 0
257S H24 145 115 12 1 光沢LF/HB 化研性良好
鏡面仕上げ用
  0 100 40 33 0
光沢美観 1050 H24 125 115 20 0 筐体標準材料 0.8mmt