Furukawa-Sky Review No.9 (April 2013)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

技術解説

プレス成形用アルミニウム板材の諸特性
The Properties of Aluminum Sheet for Press Forming

Full Text PDF(PDFファイルを開きます2,364KB)

  • 野口 修
    Osamu Noguchi

アルミニウム板材は年間130万トンの需要があり,その内の60%程がなんらかの形でプレス成形され製品に加工されると考えられる。アルミニウム板材と言っても強度向上のために各種元素を添加したアルミニウム合金板材,さらに調質により強度を調整したアルミニウム合金板材も広く使用されている。ここでは成形用アルミニウム板材の合金や調質による成形特性,特に深絞り性について解説する。

Aluminum sheet materials have 1.3million tons of demands in a year. And it is considered,approximately 60% of these materials are press worked to be processed into products. Though the aluminum sheet materials, the strength improved aluminum alloy sheet materials by adding various elements, and also the intensity adjusted aluminum sheet materials by temper are widely used. Here,the forming characteristics by alloying and tempering the aluminum sheet materials for fabrication,especially deep-draw ability are explained.

Get Adobe Reader

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。