Furukawa-Sky Review No.6 (April 2010)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

技術解説

高強度・耐熱性アルミニウム合金
High-Strength and Heat-Resistant Aluminum Alloys

Full Text PDF(PDFファイルを開きます2,766KB)

  • 小山 克己
    Katsumi Koyama

軽量素材としてアルミニウムが生まれて間もなく,優れた比強度を求める航空機の勃興と呼応して,高強度アルミニウム合金が開発され,急速な発展を遂げた。そこで,高強度・耐熱性アルミニウム合金の開発および航空機への適用の歴史を紹介する。また,アルミニウム合金の高強度化には時効硬化が不可欠であることから,全般的ならびに合金系固有の時効現象について金属組織学的な解説を加える。さらに,高強度アルミニウム合金材料において特に問題となる遅れ破壊ならびに急激な亀裂進展を抑制するためのこれまでの取り組みを紹介する。

Soon after aluminum came into existence as a lightweight material, high-strength aluminum alloys were developed in concert with the rapid evolution of aircraft in which superior specific strength is always demanded. In this paper, the history of high-strength and heatresistant aluminum alloys and their applications to aircraft will be presented. Metallographic comments on the general as well as specific aging phenomena of high-strength aluminum alloys will also be included, since age hardening is essential for strength enhancement in aluminum alloys. Moreover, efforts to prevent delayed fracture and rapid crack propagation, which constitute a problem especially in high-strength aluminum alloy materials, will be presented.

技術解説 / Technical Papers

  1. 高強度・耐熱性アルミニウム合金
    High-Strength and Heat-Resistant Aluminum Alloys
  2. 最近の鋳造技術
    Recent Casting Technologies for Aluminum

Get Adobe Reader

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。