Furukawa-Sky Review No.3 (April 2007)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

技術解説

自動車用アルミニウムボディシートの特徴と成形性
Features and Formability of Aluminum Body Sheet for Automobile

Full Text PDF(PDFファイルを開きます792KB)

  • 野口 修
    Osamu Noguchi

地球環境問題に配慮し,自動車業界においても二酸化炭素排出量の削減が課題となっている。アルミニウムの採用による車体の軽量化は自動車の燃費向上に直結し,二酸化炭素排出量を抑制する有効な手段である。このため自動車用アルミニウム材の出荷量は着実に増えてきている。自動車用アルミニウムボディシートは自動車のボディパネルに適用すべく開発された板材であり,適用当初は5000系合金が用いられたが,現在は6000系合金が主流である。本稿では実際に使用されているアルミニウム合金板材の特徴についてプレス成形性を中心に紹介する。さらに,材料の選択や開発段階において重要な指針となる成形性指標について解説する。

The reduction of CO2 emission is an important subject in the automotive industry also out of consideration for global environmental problems. Body weight saving by application of aluminum is an effective means to improve fuel economy and hence to reduce CO2 emission. Accordingly, shipment of aluminum materials for automobiles is increasing steadily. Aluminum body sheet is an aluminum alloy material that has been developed to be applied to automotive body panels. 5000 series alloys were used at the beginning of application. Currently, however, 6000 series alloys are popularly used. In this paper, characteristics of some commercial aluminum body sheets are outlined focusing on press formability. Moreover, formability indices which are important in material selection and development are illustrated.

技術解説 / Technologies

  1. 自動車用アルミニウムボディシートの特徴と成形性
    Features and Formability of Aluminum Body Sheet for Automobile
  2. 導電潤滑アルミニウム材の現状
    Current Status of Electroconductive Surface-Lubricating Aluminum Sheet
  3. アルミニウム材の表面分析
    Surface Analysis Techniques for Aluminum Materials

Get Adobe Reader

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。