Furukawa-Sky Review No.6 (April 2010)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

関連会社紹介

日本製箔株式会社
Nippon Foil Mfg. Co., Ltd.

Full Text PDF(PDFファイルを開きます376KB)

日本製箔株式会社(ニッパク)は,金属箔総合メーカとして,アルミニウム箔,銅箔,錫箔など,各種金属箔ならびにその応用製品を開発・製造・販売しています。2008年度の当社の金額ベース事業内訳は,アルミニウム箔事業36%,加工品事業32%,特殊箔(銅箔そのほか)事業17%および日用品事業 15%でした。最近注目されているハイブリッド車やEV車などの環境自動車に使用されるリチウムイオン電池用集電体箔のトップメーカとして期待が高まっています。

会社概要

設立 1933年11月17日
資本金 490,000千円(2010年3月30日)
本社 〒101-0021 東京都千代田区外神田4丁目14番1号(秋葉原UDX)
滋賀工場 〒525-0042 滋賀県草津市山寺町笹谷61-8
野木工場 〒329-0103 栃木県下都賀郡野木町若林55
従業員 270名(平成21年9月30日現在)
関連会社 日本金属箔工業(株)、ニッパク産業(株)

会社概要

沿革

1933年 11月 関西の錫紙会社3社(大阪・吹田市,藤井寺市,京都市)が合併し日本錫紙株式会社を設立
1934年 9月 新たに1社(藤井寺市)を合併
1937年 1月 日本製箔株式会社に社名変更、アルミニウム箔製造開始
1954年 10月 東京証券取引所市場
1968年 9月 野木工場完成 第2部上場
1982年 4月 400万株の第三者割当増資、古河電気工業株式会社が全額引受け筆頭株主に
1984年 10月 滋賀工場完成(吹田工場および京都工場を集約)
2009年 10月 古河スカイ株式会社の100%子会社化、第2部上場廃止

製品について

主なアルミニウム箔の種類と用途 / Aluminum foils and their applications.
材質名 特徴 用途
A1N30 一般的に使用される材質 食品・薬品・日用品用包材、LIB用箔ほか
A10B5 アルミニウム純度99.85%以上 電解コンデンサ・LIB用箔ほか
A1N90 アルミニウム純度99.90%以上 電解コンデンサ用箔ほか
A3003 高強度、耐食性に優れる 化粧板、LIB用箔ほか
A3004 高強度、耐食性に優れる 日用品用成形品ほか
A8079 結晶が細かく均一 食品、薬品、日用品用包材ほか
A8021 高性能アルミニウム箔(PACAL21) 食品、薬品、日用品用包材ほか
アルミニウム箔の圧延工程 / Manufacturing process of aluminum foil.

アルミニウム箔の圧延工程

加工品製造設備の例 / Printing, lacquering, coating, and laminating processes.

ドライラミネート

グラビア印刷

ワックスラミネート

製品のご紹介
赤外線検査機用PTP アルミニウム箔

赤外線検査機用PTP アルミニウム箔
Press-through package(PTP) aluminum foil for IR inspection.

IC タグ用アンテナ

IC タグ用アンテナ
IC tag antenna for RFID.

関連会社紹介 / Introduction of factory

  1. 日本製箔株式会社
    Nippon Foil Mfg. Co., Ltd.
  2. 古河スカイ滋賀株式会社
    Furukawa-Sky Shiga Corp.

Get Adobe Reader

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。