Furukawa-Sky Review No.6 (April 2010)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

技術論文

プレコート材の耐汚染性と加工性に及ぼすポリエチレンワックス添加量および融点の影響
Effects of the Content and Melting Point of Polyethylene Wax in Coating Films on the Stain Resistance and Formability of Pre-Coated Aluminum Sheets

Full Text PDF(PDFファイルを開きます1,080KB)

  • 小澤 武廣
    Takehiro Ozawa
  • 斎藤 正次
    Masatsugu Saito

プレコート材の耐汚染性と加工性に及ぼすポリエチレンワックス添加量および融点の影響を検討した。耐汚染性は赤マジックインクを用いて評価した。また,加工性は絞り加工を行い,LDR を測定し評価した。ポリエチレンワックス添加量が3%以下では,耐汚染性は良好であるが,5%では,若干劣った。その塗膜表面に認められたポリエチレンワックス粒子中に赤マジックインクが浸透したことが確認された。したがって,耐汚染性はポリエチレンワックス粒子の状態に影響されると考えられる。また,ポリエチレンワックス融点が343K ,373K ,393K ,403K では,耐汚染性は良好であった。次に,加工性についてはポリエチレンワックス添加量が増量するにつれて向上した。また,ポリエチレンワックス融点が393K 以上では,加工性は劣った。

Effects of the content and melting point of polyethylene wax in coating films on the stain resistance and formability of pre-coated aluminum sheets were investigated. In order to estimate stain resistance, stain resistance test using red ink was performed. To estimate formability, drawing test was performed and the limiting drawing ratio(LDR) was measured. Stain resistance was good when the content of polyethylene wax in coating films was 3% or less, but it was slightly poor when the wax content was 5%. It was confirmed that red ink stains were osmosed in the polyethylene wax particles observed in the surface of the coating film. It was considered that stain resistance was influenced by the condition of the wax particles. Stain resistance was good when the melting point of polyethylene wax was 343K, 373K, 393K and 403K. Formability improved, as the content of polyethylene wax increased. But it deteriorated, as the melting point of polyethylene wax was higher than 393K.

Get Adobe Reader

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。