Furukawa-Sky Review No.5 (April 2009)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

設備・生産技術開発

プロセスライン制御ソフトの内製開発
In-House Development of Process Line Control System

Full Text PDF(PDFファイルを開きます443KB)

  • 浦上 康雄
    Yasuo Urakami
  • 西村 浩一
    Kouichi Nishimura
  • 寺本 伸弘
    Nobuhiro Teramoto

福井工場では,アルミニウム飲料缶用材料の生産性向上の一環として,キャン塗装ラインにおいて冷延材からの一貫生産を行うための機器の増設を行った。主な増設機器は,脱脂,テンションレベラ,前処理装置,アキュムレータなどである。これに伴い,ライン駆動制御システムについては,運転方法の変更に伴う既存部の大幅改造も必要であったので,既存ハードの改造および単純増設だけではなく,MMI(マンマシンインターフェイス)を含めて一新することにした。システム更新にあたっては,拡張性,保守性,費用および社内技術レベルの蓄積を考慮し,重電メーカーへの発注は最小限に抑え,エンジニアリング,設計,ソフトの更新などは可能な限り社内で実施した。

Several equipment such as a degreaser, tension-leveller, sheet accumulator and chemical preprocessing section were added to the can-stock coating line of the Fukui Works for the purpose of integrated production of as-rolled coils. The line drive control system was fully renewed instead of partial reinforcement including HMI (Human Machine Interface). Engineering, design and software development of the control system renewed were carried out in-house as much as possible, from the viewpoint of enhancing extendability, maintainability, cost-reduction and technology accumulation within the company.

Get Adobe Reader

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。