Furukawa-Sky Review No.4 (April 2008)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

技術解説

アルミニウムの板圧延技術
Rolling Technology for Aluminum Sheet and Plate

Full Text PDF(PDFファイルを開きます2,239KB)

  • 菱川 滋
    Shigeru Hishikawa
  • 小林 博幸
    Hiroyuki Kobayashi

古河スカイは高品質のアルミニウム板材を低コストで大量に生産することができる圧延加工によって各種板材を製造している。溶解・鋳造により作られた各種合金のスラブは,熱間圧延工程および冷間圧延工程により製品板厚まで加工され,金属組織の改質,機械的性質,寸法精度,表面品質などの作り込みが行われる。圧延においては制御技術として自動板厚制御,熱延板クラウン制御,板温度制御,自動平坦度制御などの各種制御を実施している。アルミニウム圧延に特有の課題として熱間圧延でのロールコーティングの生成や冷間圧延での摩耗粉に起因する表面欠陥があり,これを防止するための設備開発や作業条件の設定がなされている。

Furukawa Sky Aluminum manufactures a variety of aluminum sheets and plates by means of rolling process, which is capable of volume producing high-quality aluminum rolled products at low costs. In the rolling process, various aluminum alloy slabs prepared by melting and casting are processed into final products of specified thickness through hot rolling and cold rolling, whereby the products undergo various treatments to provide superior performance in terms of metallographic structures, mechanical properties, dimensional accuracy and surface quality. Control technologies applied over the rolling process include automatic thickness control, crown control in hot rolling, plate temperature control and automatic flatness control. Roll coating formation in hot rolling and surface defects caused by abrasion dust in cold rolling present problems specific to aluminum rolling, and efforts are made to prevent these disadvantages through development of new facilities and suitable setting of process parameters.

技術解説 / Technologies

  1. アルミニウムの板圧延技術
    Rolling Technology for Aluminum Sheet and Plate
  2. アルミニウム押出材の製造技術
    Manufacturing Technology for Aluminum Extrusions
  3. 自動車へのアルミニウム適用に向けた接合技術
    Aluminum Joining Technology for Automotive Applications

Get Adobe Reader

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。