Furukawa-Sky Review No.2 (April 2006)

  • Google+で一般公開
  • ツイートする
  • facebookでシェアする
音声で読み上げる

技術解説

廃車から回収されるアルミニウムスクラップリサイクルの現状と今後の課題
Present Situation and Problems of Recycling of Aluminum Scrap Material Recovered From End of Life Vehicles

Full Text PDF(PDFファイルを開きます1,439KB)

  • 大瀧 光弘
    Mitsuhiro Ohtaki

自動車に使用されているアルミニウム部材は主にエンジンやトランスミッション,ホイールといった鋳物・ダイカスト材を中心に増加し,フードやフレームに使用されている展伸材はまだ少ないのが現状である。これらのアルミニウム部材は解体→シュレッダ→材料回収といった工程でほぼ回収され,鋳物・ダイカスト用再生塊としてリサイクルされている。今後スクラップは増加し,早ければ2020年頃にスクラップが余剰になり鋳物・ダイカスト業界での吸収は厳しくなるとされている。廃車から回収されるアルミニウムスクラップを展伸材にリサイクルする際の技術的課題は,不純物元素の混入防止および塗料除去方法の適正化である。不純物の混入防止には適切な二次解体が必要である。塗料除去処理は作業環境,溶解歩留から不可欠であり,シュレッダ+キルン加熱が有効である。実際の廃車を用いた試験の結果,大型アルミニウム展伸材部材は比較的容易に解体でき,また既存技術を活用して展伸材としてリサイクルすることは技術的に十分可能である。経済的には,アルミニウム展伸材部材の解体・回収(買取り,輸送を含む)工程での処理コスト低減が重要である。

Aluminum alloy products used in automobiles are increasing mainly in the engine, transmission, tire wheels and other castings and die-castings. However, there are still few wrought alloy products used for the hood and frame in the current situation. These aluminum alloy products are mostly recovered through the processes of dismantling → shredding → material recovery and are recycled in the form of secondary ingot for castings and die-castings. The amount of scrap will increase, and it is said that there will be a surplus of scrap in 2020 in the earliest case. Scrap absorption in the casting and die-casting industry will be dubious then. When aluminum scrap is recovered from End of Life Vehicle(ELV) and recycled into a wrought alloy, the technical problem in this process is to prevent incrementation of impurity elements and to optimize the surface coating removal method. To prevent incrementation of impurities appropriate secondary dismantling is needed. The surface coating removal process is indispensable for the work environment and melting yield, and shredding + kiln heating is effective for this process. A test was conducted using actual ELVs, and results showed that large aluminum wrought alloy parts can be dismantled relatively easily, and it is technically feasible to recycle those parts as wrought alloy material using currently available technology. In the economic aspect, cost reduction in the processes of dismantling and recovery (including purchase and transport) is important.

技術解説 / Technologies

  1. 廃車から回収されるアルミニウムスクラップリサイクルの現状と今後の課題
    Present Situation and Problems of Recycling of Aluminum Scrap Material Recovered From End of Life Vehicles
  2. ノンクロム下地処理の動向
    Trends of Non-chrome Pretreatments for Painting

Get Adobe Reader

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。